低糖質の間食が最適

女性

200kcalに抑える

ダイエット中に困る事と言えば、通常の3食以外におやつを食べて良いかについてですが、低糖質または低カロリーであれば取っても全く問題ありませんので、安心して食べましょう。では、食べ物が恋しくなるダイエット中に、どんな低糖質・低カロリーの食品を毎日摂取しても大丈夫なのでしょうか。代表的な低糖質おやつは、こんにゃくゼリー・おからクッキー・カカオ比率が高いチョコレートと多岐にわたっていて、ダイエットに最適な低糖質食品が揃っています。おからクッキーに関しては、腹持ちが大変良くて水分をおからが吸収するので、食べる際に水分を摂取すると夕飯まで耐える事が出来るでしょう。なお、こんにゃくは噛み応えもあって多くの低カロリー料理に活用出来ますので、しらたきを使ったラーメン・おでんなども無理なく200kcal以下に抑えられます。海藻由来のところてんも、低糖質且つ食物繊維が豊かなおやつとなっており、酢醤油で調理をすれば50kcal以下で食べる事が出来ます。これらのおやつは、野菜を入れる事でボリュームを増す事が可能ですが、糖質が低いもやし・きゅうり・きゃべつ等を利用すればダイエットの大きな味方になるでしょう。仕事や学生で外にいる事が多い場合のおやつとしておすすめなのが、クルミ・カシューナッツ・ピーナッツ等の木の実であり、最近では100円ショップで気軽に買う事が出来ます。これらは、こんにゃくと同様にしっかり噛む事で少量でも満足できる事に加え、高カロリーであっても低糖質ですのでダイエットで食べても全く問題ありません。

Copyright© 2018 HMB極ボディで究極の体になる【18種類もの豊富なアミノ酸】 All Rights Reserved.